11月は学校のレポートやらテストやらで多忙な月だった。そして箱根駅伝予選会で酷い走りをし、最初の方は走っているけど身が入っていないジョグばかりだった。ただただ足を交互に動かしているだけっていう感じ。やっと身が入るようになったのは3週目から。今回はやったポイント練や目的、ジョグについてのことを書いていく。

最初に、今月のレース結果
  • 11/2 1500m 4'01
  • 11/3 1500m 3'57
  • 11/9 3000m 8'48
  • 11/23 10000m 30'44
  • 11/24 5000m 14'45
  • 12/1 5000m 14'51
まず思ったことが、ハーフを走るのに、月400kmで対応できるのかということ。結論、対応できるわけがない。ちょうど箱根を目指す大学の友達に会ったり、他の学校の人の話を聞いたりする機会があった。その時聞いたのが、月600は走っている、または月600しか走ってないからハーフ走れるわけない、だった。これを聞いて改めて今の練習なんかではダメだと思った。聞く前から今月の目標は月600kmだったが、間違いではないのかなと思う。
以下今月の練習。これで603km。
FullSizeRender

今月は試合が多い中だったが、しっかり走ることができたのではと感じる。11月2周目くらいで、また走れるかなと気持ちが上がってきたが、3000のタイムが悪すぎて自分はダメなのではないかと思い気持ちが萎えてしまった。前半は本当に苦痛で、今でもまた体験したくないほどだった。3周目にやっと気持ちが回復してきて、というか過去一番くらいにやる気が上がった。そこからは走ることが楽しくて、試合さえなければまだまだ走りたい、走るのをやめたくないという感じだった。それからのレースは自分でもいい感じで、結果11月はいいイメージで終えることができたと感じる。今後の足がかりができた。

要因の一つとしては、10000mの4日前にやった10000 3'15。この練習のおかげで、粘る、という感覚をかなり自分に植え付けることができた。特に10000ではきついところで離れそうになってもつくことができたし、かなりいいイメージを自分に刷り込むことができた。正直、これは楽な練習ではなく、ペース落としたいなと思う練習だった。ただ、いい閾値走になったのでこれからも取り入れようと思う。そしてこの練習などのおかげで、距離による抵抗が無くなったのも大きい。10000mでは、5000m過ぎてもう半分か、という感じ。5000mなら常に3000mからペースダウンしていたけど、後たったの2000mしかないのか、と思いむしろ上げることができるようになった。いつもはレース前になると走りたくても無理して距離を落としていた。今回は気にせず走っていたので距離による抵抗はなくなったのかと感じる。ただ疲労は溜まるので考えもの。

もう一つの要因はジョグのやり方。これが一番効いたと思う。前回も書いたが、ペースを更にゆっくりというのを意識した。言ってもペースとしては今までより-10秒とかだからあまり変わっていないが、ゆっくりでいいんだ、っていう意識が良かった。今月は月間600kmと、先月までから200kmくらい増やしたが、まったく負担はなかった。元から体はできていたが、ゆっくり走ることで長く走ることができた。今月のモットーは、「距離よりも長く」「ゆっくりのペースでフォーム意識」この2つだった。長い時間走ろうとしたことによって自然と距離が増えたという感じ。そしてフォームの意識。ゆっくりのペースで身につけたフォーム、特に腕振りとハムストの使い方が試合でできるようになった。自分の体をコントロールできるようになったという体感がある。ただ、ゆっくりのジョグだけというのはどうかなと思い、週に2回のポイントとは別に、10〜12kmでキロ4くらいのペーランを入れることにした。最初はただただ距離を踏みたいなと思って始めたジョグだが、今はゆっくりのペースで意識したフォームをやや速いペースで実践するという位置づけになった。それ以外にも効果はありそうだが、まだ見いだせてはいないので、今後探しつつ入れていく。

今月自分なりに記録を出すことができたのは、上の理由もあるが、元からこのくらいは出す力はあった。他の人の話を聞くと、自分とは違う考え、むしろ逆の人もいるし、誰しもに当てはまるというやり方ではない。陸上でも他でもそうだが、大事なのは自分に軸を一つ持って、いい所を付け足していくということだと思う。曲げてはいけない。